杉江松恋不善閑居 南浦和「ゆとぴやぶっくす」と古本まつりでのマナー違反

某月某日 午前中に「これってSF?」の動画を収録、処理が終了したのを確認して外出する。 午後にさいたま市で取材の予定があるのだが、ちょうど所沢駅前で彩の国古本まつりが開催されて初日なので、覗いてから行こうという算段である。いつもはもう少し遅く行くのだが、初日の昼過ぎなので人が多い。こういう古本まつりは初日の開始直後に行かなくてはならない。遅く行っ...

記事を読む

杉江松恋不善閑居 おもしろいことだけやっていきたいが売れるものを作る必要もある

杉江松恋不善閑居 おもしろいことだけやっていきたいが売れるものを作る必要もある

某月某日 午前中いっぱいかかって、このところずっと取り組んでいた某仕事を終わらせる。ちょっと大物だったのでほっとした気持ちになった。さっそく送稿して出かける準備をする。大物だけに金額が大きく、6月末までに稼がなければいけない額への進捗率は85.73%に到達した。ほぼ見えてきた感じになる。この進捗率を記録していても別に収入が増えるわけではなくて、ああ、ま...

記事を読む

杉江松恋不善閑居 9/28(土)・29(日)はぜひ浅草木馬亭で松浦四郎若を

杉江松恋不善閑居 9/28(土)・29(日)はぜひ浅草木馬亭で松浦四郎若を

某月某日 3日ぶりに外出せず、ずっと在宅で仕事読書と延び延びになってしまっている某仕事に没頭していた。新しい仕事依頼のメールをいただき、承諾したので勤務評定は1.0である。 一つ宣伝をさせてもらいたい。 私は浅草木馬亭に通っている常連と、浪曲応援団というような集まりをしている。その中で出てきた試みを実行に移そうとしていて、アートスペース兜座...

記事を読む

杉江松恋不善閑居 天中軒雲月ふるさと公演と上前津・海星堂書店

杉江松恋不善閑居 天中軒雲月ふるさと公演と上前津・海星堂書店

某月某日 郡上八幡での二日目。午後から天中軒雲月ふるさと公演なので、それまでうろうろと町内を歩き回る。いちばん行きたかったのは、雲月さんの生家があったあたりで、新町通りという、町の南部を東西に走っている道からちょっと北西に入った付近である。雲月さんによればお住まいになっていたころは、原っぱが広がっていたというから八幡町の中でも比較的阿新しい住宅地なのだ...

記事を読む

杉江松恋不善閑居 郡上八幡にて天中軒雲月聖地巡礼のこと

杉江松恋不善閑居 郡上八幡にて天中軒雲月聖地巡礼のこと

某月某日 (承前) そもそも今回郡上八幡までやってきたのは、天中軒雲月ふるさと公演のためである。先日一般社団法人日本浪曲協会の改選が行われ、五代目天中軒雲月さんが会長に就任した。それよりも決定は早かったのだと思うが、出身地である郡上市八幡町の総合文化センターでふるさと凱旋公演が行われることになったのだ。 もともと雲月さんと郡上市とのつながり...

記事を読む

杉江松恋不善閑居 岐阜・徒然舎と郡上踊り関連の書籍を手に入れること

杉江松恋不善閑居 岐阜・徒然舎と郡上踊り関連の書籍を手に入れること

某月某日 (承前) 中京競馬場から名鉄で一路岐阜を目指す。昔は新岐阜といった名鉄岐阜駅に着いたのが午後1時過ぎ。ここから郡上八幡行きの高速バスに乗らなければならないのだ。一応バスターミナルに行って時刻表を見ると、14時35分頃の発車である。ということはあそこに行けるではないか。あそこに行かなければならん、と天が言っているぞ。 急いでバスター...

記事を読む

杉江松恋不善閑居 行けなかった鳴海書房と中京競馬場・安藤書店

杉江松恋不善閑居 行けなかった鳴海書房と中京競馬場・安藤書店

某月某日 鳴海の伯母宅で午前3時に起床する。実は旅先に分厚いゲラを持ってきていた。ゲラというか刷り出しか。次に出す単著のもので、初校にする前にだいぶ削らなければならない。その著者指示が終わっていなかったので、作業である。赤のボールペンを使って、収録しない原稿をばっさり切っていく。連載時の40%ぐらいになってしまうが、これは仕方ない。本として出せなかった...

記事を読む

杉江松恋不善閑居 プロ野球発祥の地と鳴海・鶴亀2号

杉江松恋不善閑居 プロ野球発祥の地と鳴海・鶴亀2号

某月某日 朝いちばんで家を出るつもりが、果たせず。とりあえず原稿を一本書いて送る。勤務評定は0.5。6月末までに稼がなければならない額への進捗率は45.73%。それ以外にも連絡をしたりゲラを戻したり、いろいろやらないことがある。3日でも家を空けるのは大変なのだ。さて、今度こそ出発しようか、と思って支度を始めたら電話が鳴った。日本推理作家協会の事...

記事を読む

杉江松恋不善閑居 情けは人のためならずというのは本当にその通り

杉江松恋不善閑居 情けは人のためならずというのは本当にその通り

某月某日 午前中で昨日から取り掛かっていた原稿は終わらせて送稿した。この原稿料を足して、6月末までの目標金額は進捗率が45.06%になった。遅々として進まない。果たして達成できるのだろうか、と暗澹たる気持ちになるが仕方ない。これがフリーランスで、しかも受注で仕事をする者の運命である。 午前11時30分に外出、1時間かけて台東区の田原町に着いて、喫...

記事を読む

杉江松恋不善閑居 ライターだって営業をしないと

杉江松恋不善閑居 ライターだって営業をしないと

某月某日 朝いちばんで電話があり、翌日(つまり今日)の予定がある程度決まる。こちらから営業をかけるのではなくて、先方からいただくパターンというのは珍しいので楽しみである。昼過ぎにお会いする約束をする。 朝からずっと一つの原稿にかかりきりになるが、体調が思わしくなくて進まない。前日の寝不足が思った以上に堪えたようだ。もう若くはないんだなあとしみじみ...

記事を読む

1 2 3 4 119