杉江松恋不善閑居 浪曲が大衆娯楽の中心にあった時代

某月某日 新宿にてとある打ち合わせ。新しい仕事になるかどうかはわからないのだが、これまでの経緯からあるところに仁義を切っておかなければならず、そのために担当者に来てもらった次第である。まだ海のものとも山のものとも知れない感じなので、これから長い目で見ていかなければならない。またご報告します。 終了後、南部古書会館の五反田遊古会と新橋古本まつりをひ...

記事を読む

杉江松恋不善閑居 町中華は同伴喫茶じゃない

杉江松恋不善閑居 町中華は同伴喫茶じゃない

某月某日 メールボックスを開けたら仕事の依頼が来ていた。ありがたいことである。当然ながら受ける連絡をすると、それを発信したかしないかぐらいのうちに別の依頼が入った。ちょうど田山幸憲『パチプロ日記』を読み返しているところだったので、頭に「数珠つなぎ連チャン」とか「確変」といった単語が浮かんでくる。今のパチンコはどうなっているかよく知らないけど。さらに新人...

記事を読む

杉江松恋不善閑居 まだやっているんだ、と言われたい

杉江松恋不善閑居 まだやっているんだ、と言われたい

某月某日 夜はアートスペース兜座で立川寸志さんの落語会なので、ぎりぎりまで仕事をしてから行こうと、嘘、正直に言うとぎりぎりまで仕事をしてから新橋古本まつりに寄ってから行こうと、がしがしがんばる。 さて、そろそろ出かけようか、という頃合いになって、来週一緒に打ち合わせに行くことになっている某さんから、完成原稿が届いた。正確に言えば、第三稿である。こ...

記事を読む

杉江松恋不善閑居 不可逆の変化を起こして責任を取るのは自分

杉江松恋不善閑居 不可逆の変化を起こして責任を取るのは自分

某月某日 前日の月曜が雨だったので新橋古本まつりは中止で、この日から始まる予定なのだが、ぐっと我慢をして外出せず、ひたすら家で原稿仕事。重量級の原稿を終わらせなければならないので、余裕がないのだ。その合間に軽量級の原稿が三つできてしまう。できてしまうというのも変な話だが、重量級の原稿仕事を続けていて、息抜きに書いたらできたのだ。とりあえずそれぞれの担当...

記事を読む

杉江松恋不善閑居 短いのが好き&ミステリちゃんと日本推理作家協会賞選考会

杉江松恋不善閑居 短いのが好き&ミステリちゃんと日本推理作家協会賞選考会

某月某日 日曜日は恒例のYouTube用動画撮影で、都内某所まで行ってきた。千街晶之さんとの「短いのが好き」、若林踏さんとの「ミステリちゃん」である。部屋に入って驚いた。天井が低い。というより、屋根の斜線が切られていて、座り方によっては頭がつっかえるのである。しかもエアコンが無くて、送風と除湿しかできない。そして六階なのにエレベーターが...

記事を読む

杉江松恋不善閑居 今から日本推理作家協会賞の選考会

杉江松恋不善閑居 今から日本推理作家協会賞の選考会

某月某日 昨日は都内某所にて動画の収録をした。 いろいろと書くべきことはあったのだが、時間がない。これから日本推理作家協会賞翻訳部門の選考会なので、また明日改めて。

記事を読む

杉江松恋不善閑居 れいむとpixiv

杉江松恋不善閑居 れいむとpixiv

某月某日 また新しい一週間が始まった。昨日はいろいろ浪曲関連の会があったのだが、昨年亡くなった義父の一周忌があったので、どれも失礼した。ひさしぶりに礼服を着て外出したためか、思いのほか暑かったためか、帰宅してから完全に参ってしまい、夕刻まで昼寝をした。そのあと起き出して仕事読書。22時に就寝する。他人の仕事で売り込みをかけていたものがどうやら実を結びそ...

記事を読む

杉江松恋不善閑居 翻訳ミステリー大賞これにて大団円

杉江松恋不善閑居 翻訳ミステリー大賞これにて大団円

某月某日 ずっと抱えていた下読み仕事は前日が〆切だったのだが、コメント書きがこぼれてしまい、申し訳なく思いつつ午前中にてそれも終了。 新宿までやってくると、サブナードで恒例の古本新宿浪漫洲が始まっている。ここは相性が悪くてこのところあまり何も拾えていない。ちくま文庫だけで一列、講談社学術文庫で一列という魅力的な棚があったが、残念ながら必要なものは...

記事を読む

杉江松恋不善閑居 親しき仲にも祝儀あり

杉江松恋不善閑居 親しき仲にも祝儀あり

某月某日 昨日の問い合わせに対して返事が来て、なんとか話は聞いていただけそうな様子。連絡をとってみることにする。まだまだ下読みが続くので朝から夕方まで頑張る。池袋コミュニティカレッジで講師仕事があるので18時頃外出、終わって蕎麦屋でちょっと食事をして帰宅。仕事は一本小さなものを片付けたので勤務評定としては0.5だが、ほとんどお金にはならないものなので目...

記事を読む

杉江松恋不善閑居 来年に向けて企画がずんずん進んでいる

杉江松恋不善閑居 来年に向けて企画がずんずん進んでいる

某月某日 大詰めを迎えた下読みに一日没頭。なんとか先は見えたのだが、この賞はコメントを書く量が多くてなかなか終わらない。外出しなければならない予定があるのだが、夕方になって大雨が降ってきた。厄介なことであるが仕方ないので傘を差して表に出、電車に乗る。行ってしまえば会うのは気心の知れた相手なので楽しくはあるのだけど。密談のあと、近くのタイ料理屋で食事、懇...

記事を読む

1 2 3 4 5 6 7 121