本以外の話題 一覧

杉江松恋不善閑居 岐阜・徒然舎と郡上踊り関連の書籍を手に入れること

某月某日 (承前) 中京競馬場から名鉄で一路岐阜を目指す。昔は新岐阜といった名鉄岐阜駅に着いたのが午後1時過ぎ。ここから郡上八幡行きの高速バスに乗らなければならないのだ。一応バスターミナルに行って時刻表を見ると、14時35分頃の発車である。ということはあそこに行けるではないか。あそこに行かなければならん、と天が言っているぞ。 急いでバスター...

記事を読む

杉江松恋不善閑居 行けなかった鳴海書房と中京競馬場・安藤書店

杉江松恋不善閑居 行けなかった鳴海書房と中京競馬場・安藤書店

某月某日 鳴海の伯母宅で午前3時に起床する。実は旅先に分厚いゲラを持ってきていた。ゲラというか刷り出しか。次に出す単著のもので、初校にする前にだいぶ削らなければならない。その著者指示が終わっていなかったので、作業である。赤のボールペンを使って、収録しない原稿をばっさり切っていく。連載時の40%ぐらいになってしまうが、これは仕方ない。本として出せなかった...

記事を読む

杉江松恋不善閑居 プロ野球発祥の地と鳴海・鶴亀2号

杉江松恋不善閑居 プロ野球発祥の地と鳴海・鶴亀2号

某月某日 朝いちばんで家を出るつもりが、果たせず。とりあえず原稿を一本書いて送る。勤務評定は0.5。6月末までに稼がなければならない額への進捗率は45.73%。それ以外にも連絡をしたりゲラを戻したり、いろいろやらないことがある。3日でも家を空けるのは大変なのだ。さて、今度こそ出発しようか、と思って支度を始めたら電話が鳴った。日本推理作家協会の事...

記事を読む

杉江松恋不善閑居 情けは人のためならずというのは本当にその通り

杉江松恋不善閑居 情けは人のためならずというのは本当にその通り

某月某日 午前中で昨日から取り掛かっていた原稿は終わらせて送稿した。この原稿料を足して、6月末までの目標金額は進捗率が45.06%になった。遅々として進まない。果たして達成できるのだろうか、と暗澹たる気持ちになるが仕方ない。これがフリーランスで、しかも受注で仕事をする者の運命である。 午前11時30分に外出、1時間かけて台東区の田原町に着いて、喫...

記事を読む

杉江松恋不善閑居 ライターだって営業をしないと

杉江松恋不善閑居 ライターだって営業をしないと

某月某日 朝いちばんで電話があり、翌日(つまり今日)の予定がある程度決まる。こちらから営業をかけるのではなくて、先方からいただくパターンというのは珍しいので楽しみである。昼過ぎにお会いする約束をする。 朝からずっと一つの原稿にかかりきりになるが、体調が思わしくなくて進まない。前日の寝不足が思った以上に堪えたようだ。もう若くはないんだなあとしみじみ...

記事を読む

杉江松恋不善閑居 お金よりも人間関係が良好なほうが大事

杉江松恋不善閑居 お金よりも人間関係が良好なほうが大事

某月某日 昨日も書いたとおり、午前2時に目が覚めたので、そのまま起床して原稿書きに挑んだ。普段ならもちろん、まだ睡眠が足りていないので寝なおすのだが、切羽詰まった原稿があったのだ。おかげさまで7時間ほどで完成した。午前10時に外出しなければならない用事があったのでぎりぎりである。 午前11時の予定がちょっと遅れてしまって神保町の某社へ。親切な編集...

記事を読む

杉江松恋不善閑居 流行には乗らなくていい、悪口さえ言わなければ

杉江松恋不善閑居 流行には乗らなくていい、悪口さえ言わなければ

某月某日 昨日いっぱいかかって取り組んだ原稿は夜になっても終わらず。朝日カルチャーセンターの講師仕事があるのでいったん手を止め、そちらに専念した。90分話すとぐったりしてしまうのでその晩は結局何もできず。早起きしてやろうと寝てしまう。目が覚めたら午前2時で、そこからなんとか9時までかかって終わらせることができた。睡眠も浅く、ほぼ眠れていない状態だったが...

記事を読む

杉江松恋不善閑居 〈スギエゴノミ〉玉川奈みほ勉強会・木村勝千代独演会・天中軒月子独演会

杉江松恋不善閑居 〈スギエゴノミ〉玉川奈みほ勉強会・木村勝千代独演会・天中軒月子独演会

某月某日 中央区日本橋兜町11-10のアートスペース兜座を一日借り切っての演芸会、〈スギエゴノミ〉である。今回は午前・午後・夜の興行がすべて浪曲という浪花節の日だ。ちなみに次回も全部浪曲で、かつすべて関東節である。いろいろ混ぜていきたいのだが、どうしても関心のあるものを選んでしまう。長い目で見ていただきたい。 午前の部は玉川奈々福門下の玉川奈みほ...

記事を読む

杉江松恋不善閑居 立川寸志、あと974人のお客さんで真打

杉江松恋不善閑居 立川寸志、あと974人のお客さんで真打

某月某日 昼から立川寸志さんの落語会。九段下の鶴めいホールで少数限定の会だった。寸志さんはついに真打昇進を目標に動き出した。これから開く特定の会でお客さんに真打認定証を渡し、「本日の口演を聴いて立川寸志を真打にふさわしいと認定しますか」と尋ねる。それで承諾するお客さんは真打認定証に自分の名前を書いて返すという決まりだ。この認定者が千人に到達したら真打昇...

記事を読む

杉江松恋不善閑居 浪曲が大衆娯楽の中心にあった時代

杉江松恋不善閑居 浪曲が大衆娯楽の中心にあった時代

某月某日 新宿にてとある打ち合わせ。新しい仕事になるかどうかはわからないのだが、これまでの経緯からあるところに仁義を切っておかなければならず、そのために担当者に来てもらった次第である。まだ海のものとも山のものとも知れない感じなので、これから長い目で見ていかなければならない。またご報告します。 終了後、南部古書会館の五反田遊古会と新橋古本まつりをひ...

記事を読む

1 2 3 4 5 6 55