落語 一覧

杉江松恋不善閑居 静岡市清水区東光寺「柳家かゑる怪談噺の会」

某月某日 今抱えている仕事。レギュラー原稿×4。イレギュラー原稿×2(解説×2)。 やらなければならないこと。下読み×1。の・ようなものの準備×1。 午後四時、JR清水駅前に到着する。ここから坦垣車庫行きというバスに乗って国道一号線を興津駅方面に遡る。五つ目の停留所に目指す東光寺があるのだ。 降り立ってみると、...

記事を読む

杉江松恋不善閑居 本日は滑稽噺百席です

杉江松恋不善閑居 本日は滑稽噺百席です

某月某日 今抱えている仕事。レギュラー原稿×4。イレギュラー原稿×1(解説)。 やらなければならないこと。主催する会の準備×1。 本日は寸志滑稽噺百席である。残すところ2回。噺も4席。 昨日は午前中いっぱい仕事をして昼過ぎから抜け出し、お江戸広小路亭へ。講談成分の補給である。講談協会の定席、残念ながら最初の田辺いちかに...

記事を読む

杉江松恋不善閑居 府中で浪曲・五反田で落語

杉江松恋不善閑居 府中で浪曲・五反田で落語

某月某日 今抱えている仕事。レギュラー原稿×6。イレギュラー原稿×2(解説、インタビュー構成)。 やらなければならないこと。主催する会の準備×1。 昨日は演芸会のハシゴで終わった。本当は三軒くらい回りたかったのだが、場所が離れていて果たせず。 午後二時から京王線府中駅すぐそばのビル5階で東家一太郎府中浪曲会。三...

記事を読む

杉江松恋不善閑居 のほほんと生きていこうぜ&談四楼・太福二人会

杉江松恋不善閑居 のほほんと生きていこうぜ&談四楼・太福二人会

某月某日 今抱えている仕事。レギュラー原稿×7。イレギュラー原稿×6(エッセイ、解説、書評×4)、ProjectTY書き下ろし。 やらなければならないこと。主催する会の準備×1。 これは独り言だけど、死者を笞打つような真似をする人は何がしたいんですかね。 いい天気だが、非常に残念なことがあった。本当なら昨日から...

記事を読む

杉江松恋不善閑居 寸志滑稽噺百席其の三十二無事終了

杉江松恋不善閑居 寸志滑稽噺百席其の三十二無事終了

其の三十二は「浮世根問」「五月幟」「軒付け」三席でした。 いろいろ書くべきこともあるのだけど、時間がないのでまた後日。

記事を読む

4/21(木)20時~寸志滑稽噺百席其の三十二

4/21(木)20時~寸志滑稽噺百席其の三十二

立川寸志さんが滑稽噺だけで百席積み上げに挑む「寸志滑稽噺百席」、前回の「其の三十一」でついに九十席を突破して、九十一席になりました。毎回三席ずつなのに数が合わないのは、一回だけ無観客開催の会があって、一席のみ収録をしたからです。泣いても笑ってもあとは四月、六月、八月、十月の四回だけ。最終角を曲がってあとはゴールにひた走る寸志さんをぜひ見届けください。...

記事を読む

寸志滑稽噺百席其ノ十五のおしらせ

寸志滑稽噺百席其ノ十五のおしらせ

落語立川流の二ツ目・立川寸志さんが滑稽噺だけで百席を積み上げていく寸志滑稽噺百席、第七回からは会場を代えて新宿天神町17にこざいます香音里(こおり)にて開催しております(地下鉄神楽坂駅より徒歩3)。滑稽派の大看板を目指して日々奮闘する寸志さんは2017年度渋谷らくごの「楽しみな二つ目」賞受賞者でもあります。夜8時からの遅い開催ですので、仕事帰りにぜひ...

記事を読む

電撃座の落語会をお休みします~杉江松恋からのご挨拶

電撃座の落語会をお休みします~杉江松恋からのご挨拶

新宿五丁目にあるcafe livewireで私が企画立案した落語会を初めて開催したのは、2014年2月のことであった。最初の会は立川談四楼さん独演会「オールナイトで談四楼」である。終電でお客さんに来てもらい始発で帰るという「本当の深夜寄席」を謳ったこの会は、参加者と演者が体力勝負のチキンレースとなった。だいたい演者が勝つのである。もともとそんなつもり...

記事を読む

落語通信 電撃座「談慶の意見だ ♯23」

落語通信 電撃座「談慶の意見だ ♯23」

一昨日の12月21日は新宿五丁目のcafe livewireにて落語立川流真打の立川談慶さん独演会「談慶の意見だ」であった。23回目をもってこの会は一旦終了する。最終回ということで大勢のお客さんが詰めかけ、盛況であった。 演目は以下のとおり。 動物園 らくだ 仲入り 芝浜 「動物園」は怠け者の男が急死したラ...

記事を読む

寸志滑稽噺百席其の十一 ねたおろしは「意地くらべ」でした

寸志滑稽噺百席其の十一 ねたおろしは「意地くらべ」でした

昨日は神楽坂・香音里にて「寸志滑稽噺百席 其の十一」であった。 演目は、以下のとおり。 意地くらべ やかん (仲入り) 目黒の秋刀魚 この会は毎回ねたおろしを一本お約束しているのだが、其の十一は「意地くらべ」である。強情者ばかりが出てきて借金の三十円を巡って意地の張り合いになり、というお話。四代目柳家小さん起源なの...

記事を読む

1 2 3 4 6